いつも窓から見てた

引きこもり主婦からの脱出を試みる

水性ニス

台所の窓枠に白い水性塗料を塗ることを何度かしています。築33年の我が家にはまだ木の窓枠なんてものがあってサッシはアルミなんですが、その周りは木そのもの。汚れや水が飛んでシミができて汚いので白く塗り替えて、ポリカ製の簡易の内窓をつけました。真冬の結露がどれだけ防げるか楽しみです。

水性塗料はすぐ拭けば簡単に取れるし固まらないうちに水に流せば刷毛も容器もきれいさっぱり。しかも臭いがほとんど気にならないなど大変扱いやすい塗料です。外に放り出していた木製の椅子がだんだん紫外線で劣化してささくれてもう捨てよう、と思っていたところ百均で水性ニスを発見。試しに塗ってみたらこれが結構いい感じになりました。なによりささくれが危なくないのが助かります。思い洗濯カゴを置いて服を干すのにちょうど良かったんですよ。捨てるのはもうちょい先で良さそうです。

 

同じように水性ニスのフローリング用を買ってきました。床もかなり傷だらけで窓のそばはこれも紫外線でボロボロしています。修復用のシートを貼ってみたりしていますが色はやっぱり合わないですね。とりあえずささくれが足の裏にささらないようにする効果はありますけど。

で、今回は目につくところだけニス塗ってみました。刷毛で結構いい加減に塗ってゆき、完全に乾くまで半日かかりましたが、塗ってみて良かったです。足の裏に当たる感触も「さらっと」とはいかないけど傷も丸みを帯びて風格が出ています。木目がきれいに出るのもニスならではですね。

 

このボロ屋がどこまでもつか、できるだけ自分の手で直せるところは直したいと思います。