いつも窓から見てた

引きこもり主婦からの脱出を試みる

水性ニス

DIY

台所の窓枠に白い水性塗料を塗ることを何度かしています。築33年の我が家にはまだ木の窓枠なんてものがあってサッシはアルミなんですが、その周りは木そのもの。汚れや水が飛んでシミができて汚いので白く塗り替えて、ポリカ製の簡易の内窓をつけました。…

落花生その後

庭に植えていた落花生。乾燥させて、さぁ殻を取ってみたら。 まだあんまり乾いていませんでした。でも掘りたてを茹でて食べるくらいだから大丈夫だろうと思って、言って食べてみました。 渋い!不味い! 今年は水やりを真面目にしなかったせいだろう。仕方な…

地域活動

家にいると地域活動に参加してくれと頼まれやすいです。以前は仕事があるからと言えば断れたのでしょうが、最近はいろんな働き方があるので敵もひるみません。介護だってみんなそうですやん、と軽く流されてしまいます。出られる時だけでいいからとか何とか…

落花生もうすぐ収穫

この夏はとにかく暑くて暑くてエアコンつけっぱなしでした。毎年しんどいといいながらプランターで野菜を作ったりしているんですが、今年は万願寺とうがらしに水をあまりやらなかったせいかものすごく辛くて本来の唐辛子に先祖がえりしたような(苦笑)8月…

アルプスのおんじ

アルプスの少女ハイジの物語が好きです。もちろんアニメはリアルタイムに観てましたし福音館書店の古典童話シリーズ「ハイジ」J・シュピーリ (著), パウル・ハイ (イラスト), 矢川 澄子 (翻訳)も読みました。できるだけ原作に忠実に訳したというこの訳書は宗…

引きこもり育児3

次男は赤ちゃんの頃から手がかからない子でした。長男が夜泣き、断乳、おねしょ、幼稚園や小学校からの呼び出しオンパレードだったのに対し、次男はハイハイして自分で布団をかぶって寝るような子でした。泣かない、ケンカしない、人の手を借りない、拍子抜…

引きこもり育児2

長男が小学生の頃、神経質でチックが出たり歯ぎしりで奥歯がすり減った話をしました。その後、地元中学から電車で1時間の私立高校に進学しブツブツいいながらも学校には通っておりました。せめて成績だけでも芳しければ自信につながるのですが、背もそこそ…

相棒

本格的な偏頭痛と歩んで20年くらいになります。 頭痛持ちはもう覚えてないくらい子供の頃からですが、三日三晩吐きながらうなるのは大人になってからです。幸い今は頭痛外来へ行くと良い薬がもらえるので、うまく服薬のタイミングが合えば寝込むことはだい…

生きているだけで神々しい

先日90歳を超えた祖母が腸閉塞で入院し、緊急手術を受けました。手術の翌日、幻覚が出て人が変わったような様子だったとのことでしたが、、、2日ほど経つとすっかり頭の中は元通り。少しずつ歩く練習もしているとか。この歳では驚異的な回復ではないでしょ…

映画を観てきた

この夏、是枝裕和監督の「万引き家族」を封切りの日に観てきました。 平日の昼間っから映画だなんてバチが当たりそうですね。 病院の帰りにショッピングモールのシネコンに寄ってみたら中年女性がいっぱい。 さてはみんな「万引き家族」目当てか?と思ったら…

それでもつながりは必要

PTAや子供会関連の用事はほぼ終了しましたが、代わりに町内会の仕事が毎年なんかある状態です。昨年は町内会の祭りやら遠足の係に加え、自主防の見回りやら子供の登下校の見守りやらで呼び出されることがいっぱいありましたね。その時期は4年同居した義母が…

壁紙を貼る

DIY

家に滞在する時間が長いと内装が気になって仕方ありません。 しんどい時とかはもう何でも良くて、生きているのが精一杯なくせにちょっと元気になると、特別なことがしたくなります。私の場合はプチDIY、かもしれません。 障子紙を張り替えるとか網戸の張り替…

カウンセリング その4

長男が小学4年の頃、初めて学校へ行き渋るようになりました。理由は何かでからかわれたとか、スポーツ系の遊びについていけなくて仲間外れになったとか、まぁそんなところが最初ではないかと思います。それまでは全くのマイウェイで周囲が目に入らなかった…

窓断熱

DIY

暑い暑い夏が終わって秋の気配。そろそろチューリップを植える準備をしましょうか。 できれば花が小さめで、淡い色のものを選ぶつもりです。 あんまり色が鮮やかだと見ててしんどくなっちゃいませんか。 どんなにやる気がなくても、植えておきさえすれば春に…

父と義母のアルツハイマー

どういうわけか実家の父と、夫の母がほとんど同時に認知症になりました。 年齢も半年違いくらいでいずれもアルツハイマー性の認知症です。 進行の具合はケアの違いがあってか、義母は発症から6年ほどで持病が悪化して亡くなった一方、父は10年越えすること…

引きこもり育児

その頃から私自身、普通の世間話が苦手で同じくらいの子供がいるママたちとどうも違和感があると感じ始めていました。結婚・引越し・不妊治療・出産・育児と思えば家族以外の人がほとんど入らないままきたせいかもしれません。いや本当はもっと内面の根本的…

カウンセリングについて その3

長男は赤ちゃんの時それはそれは大きな声でよく泣きました。2、3歳の頃は勘が強く、人混みの中でも寝そべって泣きわめく大物ぶりを見せたかと思えば、大きな音に怯えて耳を塞いでうずくまって出てこない。泣いたり笑ったり怒ったりが目まぐるしく、新米マ…

大学は出たけれど

何とか見つけた仕事は毎日深夜に終わるので、数少ない同年代の友達の連絡を取ることができなくなってしまいました。そう、当時の連絡手段といえば電話しかなかったんです。深夜プレステで遊ぶのもすぐ飽きてしまいました。 そこでふと書店で目にしたパソコン…

カウンセリングについて その2

精神科の教授が言うには 「うつ病などの病気は短期間のうちに急激に悪くなったりすることが多いけれど、あなたの場合は気持ちの落ち込みが長きにわたって継続しているようですね。」 だから病気ではない、したがって投薬は必要ないと。 裏切られたような失望…

カウンセリングについて その1

心の問題で専門職の人に相談することが何度かありました。ひとつは自分のこと、あとの二つは長男のこと。いずれも一度きりで継続することはありませんでした。それだけ深刻ではなかったとも言えるし解決の糸口を見つけられなかったとも言えます。 高校生の頃…

いつから?って...覚えてないくらい前なんだけど

この頃、引きこもりが社会問題として大きく取り上げられるようになりましたね。特に今年は多くの本が出版されたりテレビで特集を組まれるなどメディア一般に注目されている気がします。少し前まではやたらに発達障害の診断が大流行りして、全く心配のない人…